CATEGORY:

2018年07月17日

Rioのジャケットカーニバル 続き

今回のマッチは、ステージレイアウトから構成一通り全部やって良いとのことで、大まかに一連のストーリーを考えて、その中での銃撃戦について形にしていきました

以前から、コンシールドキャリーについて、練習会も開催していたので、練習ステージやら一連の流れはある程度まとめてありました
あとは、新宿店アリーナでどうレイアウトするか確認しながら修整です

写真はST1、雨の中の敵に襲われて撃退します
両手にモノを持ってからの
開始、普段なら無い状態のスタートです

同じ環境で繰り返し練習して速く撃つのは、一定レベルまでは皆さん上手くなりますが、コンシールドキャリーして、必要な状態から銃を使うのは常に撃ちやすい状態ではないと言う表現の一つです

飲み物を投げる方、傘と飲み物を投げる方、傘を仕舞ってから撃つ方など様々な撃ち方がありました

速く撃ちたいと思う中、身体が思うように動かない方が居たと思います

なぜそうなるか、文章の説明では解釈によってズレが生じるので、秋葉原か新宿などで直接会えた方で興味がある方にはご説明しますので、お気軽にお声掛け下さい

わかると楽しいですよ♪

のんびり続きます





Posted by T兄  at 07:08 │Comments(0)

このブログはコメント承認後受け付けます
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。