CATEGORY:

2017年10月23日

ターゲットワンin IDPA練習会2

脚立の安全な使い方

まず、脚立の足元がしっかり接地されていること
開き留めが機能していること
天板には乗らないこと
慌てて登り降りしないこと

以上を踏まえて、脚立作業の危険を認識しての射撃となります

状況

シューターはコーヒー片手に散歩中に不審者の前を通り過ぎます
そこに、壁の向こうから助けを呼ぶ声がっ!?
手前の不審者が攻撃態勢を取ったので無力化して、たまたま置いてある脚立を使い、壁の向こうを見ると人が襲われていたのでそのまま銃を使い助け出せ!!

みたいなシナリオで撃ちます

普段のシューティングシーンにない「脚立の上から撃つ」「真下に向けて撃つ」と言う動作が入ります
脚立に登る時の銃口の管理、登ってからのシュート、真下に撃つと何が起こるか?
以上を体験して貰いました

銃口を直下に向けて撃つマッチは皆無かと思いますが、何をすると銃がどう動くかの練習を兼ねて体験して貰いました
思うように撃てた方はどれだけいましたか?

まだしばらく続きます







Posted by T兄  at 07:11 │Comments(0)

このブログはコメント承認後受け付けます
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。